儲けたいのに市場平均を目指すことの矛盾

スポンサーリンク
つぶやき
スポンサーリンク

やってもやってもうまくならないこともありますか、多くのことはちゃんと勉強したり教えてもらったりするとうまくなるものです。

 

例えば、テスト勉強を一生懸命しても、学校のテストではかならず平均点になるのであれば、どうでしょうか?

 

インデックスファンドは優れた投資商品ですが、どこまで行っても、平均点です。

 

 

必ず平均点になるということは、全く勉強しない人がお得になります。

 

 

世の中には、インデックスファンドについてものすごく勉強されている方がいらっしゃいますが、それを個別株に力を注いだらどんなにすごいことになっているんだろうと思ってしまいます。プロでも勝てない市場と言いますが、そういう方は、プロのファンドマネージャーよりも優れていると思うのです。
それだけ時間をインデックスファンドにかけているのは、なんだかもったいない気がしてしまいます。

 

 

よって、インデックスファンドだけではなく、個別株もやってみるという方法もあります。す。

 

このようにメインをインデックスファンド、サブ的に個別株などを入れる戦略を「コア・サテライト戦略」といいますが、それは置いておいて、両方やることにより、違った一面も見えてきます。
インデックスファンドのみで運用するのであれば、投資の世界からは距離を置くべきです。
ちょくちょく見ていてもいいことありません。別のことに時間を使ったほうがいいでしょう。

 

 

ただ、株式投資から得られるものは多い気がしますが、
何に時間を使うのかは、人それぞれなので、一番好きなことに時間をかけるのが良いですね。

 

インデックスファンドで大儲けというよりは、インデックスファンドの勉強が趣味というのならそれはそれで時間を使うのは良いです。ただ、市場平均以上に儲けることは諦めたほうが良さそうです。

 

 

私は、定年してからインデックスファンドの運用じゃぁ面白くないですから、今から株式投資を勉強しながらして、定年してからは更に磨きをかけたいです。

 

 

コメント