投資は結果が全てである。しかし、リスクの取り方が問題だ。

スポンサーリンク

ある意味当たり前なのですが、投資は、結局のところ、儲かったのか、損したかなので、結果が全てです。

なので、途中、めっちゃ高値になったとしても、最終的に損になっていれば、負けです。

逆に言えば、今、含み損だとしても、その後、値上がりして、儲かれば勝ちです。

結果が全てなので、儲かってればいいのですが、問題は、リスクをどのくらい取った結果なのかということです。

天気予報が10%で、傘を持っていかずに出かけたのと
天気予報が60%で、傘を持っていかずに出かけたのでは、
両方とも雨がふらずに、雨に濡れなかったとしても、まったく意味が違うということです。

つまり、同じ儲かったでも、リスクをたくさん取って儲かったのと
リスクを控えて儲かったのでは、同じ金額を儲かったとしても、意味が全く違うのです。

2つのパターンを考えてみる

100万円を運用すると仮定して、2つのパターンを考えてみます。

パターン1:リスクを取って大きく値上がりもするが、値下がりもする。

1年目 40%上昇
2年目 20%下落
3年目 60%上昇
4年目 50%下落

単純計算でトータル30%プラス

パターン2:リスクを小さく取って、値下がりを抑える。

1年目 20%上昇
2年目 10%下落
3年目 40%上昇
4年目 20%下落

単純計算でトータル30%プラス

で、結果。

パターン1:89.6万円

パターン2:120.96万円

あれ?って感じです。

リスクを抑え、マイナスになること抑えるか重要ということですね。

今は儲かっていても、リスクのとり方によっては、今後、大きく損する可能性があるのです。

リスクを取った結果

おに氏という投資家のツイッターを見ますと、50万円から2000万円を増やした投資家のようです。

しかし、その後、500万円以上の借金を抱えることになります。
その原因は、アキュセラ・インク株です。


借金は、500万円を3年に渡り返済するようですね。3年間はノーリターンということです。

おそらく、おに氏の手法は、ハイリスク・ハイリターンであったことが想像できます。

おに氏は、アキュセラ・インク株を信用取引で保有していました。

アキュセラ・インクはバイオ関連銘柄であり、しかも、利益を上げているわけではありませんので、そもそも、リスクが高い銘柄だったわけです。
その上で、信用取引で、更にリスクが高い投資を行っていました。

当たれば大きいですが、損するとこれもまた大きいということになります。

おに氏のツイッター(https://twitter.com/ryu5381?lang=ja

100万円あったら、500万円くらい取り返せると言っています。たしかにそうかもしれませんが、結果が全てなのです。

リスクを抑えることの重要性

このマイファンドは、1ヶ月1万円程度なので、最悪、全部無くなっちゃってもいいやーって気持ちでやっております。(嫌だけどね)
なので、インデックスファンドに比べれば、かなりリスクを取った運用となっているのですので、どこかにリスクが潜んでいる可能性は大いにあります。

リスクを抑えることが、結果、リターンを生むことになりますから、リスクを早めに分散させたいです。

つまり、株式投資ではリスクを抑えることが重要ということですね。

参考までに・・・


リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
リスク〈下〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

ちょっとむずかしい本でしたが、リスクを考える上でいい本です。上下巻あります。

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか

自分が儲かったのが、運だったのか実力だったのか、改めて考えさせられます。

両方の作者は、ナシム・ニコラス・タレブという人で、分析力や探究心がすごい人だなと思います。(今は大学の教授なのかな)

理論派の人は、必読書ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク