日本株の今後

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資は、ある意味、不確定な将来を予想・想像するゲームという一面をもっています。
ただ、短期的な予想や予測で投資はしたくはないと思っていて、
なぜかと言えば、当たり外れを予想することになり、ギャンブルに近いからです。

では、長期的な予想や予測が正しいのかと言えば、100%はありえないと思っています。
よく長期投資であげられる統計データとしては、人口のデータがあります。
人口は、比較的に予想しやすいデータだとは思っていて、出生人数、出生率、死亡者数、死亡率などから予想しやすく、データからは人口はこれからも増え続けるということになっていて、それを前提で全世界株式インデックスなどに投資されている方もいらっしゃいます。

 

しかし、万が一、凶悪なウィルスが蔓延するとか、核戦争が起こるなどすれば、多くの人命が失われることになり、人口の予想は外れる可能性も少なくはないということです。

 

ですから、長期予想とは言え、定期的にウォッチしていく必要があり、変化があれば柔軟に対応していくということが必要だと思います。

 

自国も世界の将来はどうなるかはわからないという前提で、いろいろなアセットに分散するという投資戦略もありますし、8資産分散投資信託などはその一例かもしれません。

 

日本人口は減っていく一方なので、日本株には投資しないという方もいらっしゃれば、
人口は減っていっても、日本企業は世界に出ていくので問題はなく、日本株に投資すると言った方もいらっしゃいます。
私のスタイルは、どちらかと言えば、後者だと思います。

 

そう考えると、個別株の企業について株主て保有しているということは、ある意味、その企業が成長するということを予想しているのですが、そもそも、日本株に関してそれほど悲観していないという予想していることが前提で、日本の企業の株を持っているのかもしれませんね。

 

なぜ、日本の企業について楽観的なんだろうと考えると、あまり良く考えていなかったのですが、おそらく、
①海外に出ていっている企業もある。
②日本人が真面目(時間が正確、清潔、きれい好き、ちゃんと列には並ぶなど)
③日本のインフラ(鉄道、高速道路、水道、電力、セキュリティなどなど)
④治安が良い
⑤医療水準が高い
⑥教育水準が高い
などいろいろありますね。

 

人口が減っていっているのは残念なのですが、外国人が多くなってきました。
これについては賛否あるのですが、経済的にはプラスの一面もあります。
私も物件を先日売却したのですが、ご購入いただいたのも外国人でした。

 

もちろん、良い企業を選ばなくてはならないのですが、
日本の企業に関してはそれほど悲観していないので、ホールドはしていきたいなと思っている次第です。

コメント