リスクの中にリターンが潜んでいる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一般的に、「リスク=リターン」と言われています。

 

リスクが小、リターンが大

リスクが無く、リターンが大きければ、良いのですが、そんな商品があったら誰でもほしいです。

一瞬、あったとしても、ミスだったり、誤りだったりするので、そんなお得なものはすぐに無くなるということです。ですから、いつまでもあるということはありえないものです。

これは、一般的に詐欺です。

 

リスクが大、リターンが小

業者が売りたがる商品です。一般的に手数料が高めだったりします。

例えば、高金利通貨もこの類かもしれません。

高金利というところに目が奪われ、その国の通貨に大きなリスクが潜んでいることを忘れがちで、レバレッジを効かせていると大きく変動した時にやられると言ったパターンです。

手を出さないほうが良いものです。

 

リスク≒リターン

さて、株式投資は、リスク=リターンで、金融商品の中でも高リスクに分類されることが一般的です。

 

簡単に言えば、何の知識がなくても、上がるも下がるも半分の確率ですから、ざっくり言えば、リスクとリターンは同じです。

 

リスク=リターンであれば、リスクを犯さない限り、リターンは得られないということになりますから、リターンを得たいのであれば、リスクを取っていく必要があります。

 

つまり、リスクの中に、リターンが潜んでいるわけですから、リスクの中にリターンを探さすということが必要になります。

 

大きく資産を増やしたいのであれば、高リスクの中の高リターンを探さなければ、資産を増やすことが難しいということになります。

 

さて、高いところにロープが張ってあって、綱渡りをするとしましょう。その先には宝物があります。

 

私が宝物を取りに行こうとすればリスクが高いです。なんせ、何の技術もスキルも経験も持っていないからで、落ちること間違いなしです。

 

しかし、綱渡りの名人なら、宝物を取ることは可能でしょう。

 

これはスキルの違いです。

 

リスクとは、スキル、知識、技術等によって低減することができます。

 

逆にスキルや知識、技術を持たないということは、「ひのきのぼう」でドラゴンと戦うようなものです。

 

私自身も今思えば、なんてことをしてたんだと思うこともありますが、それはすべて自分のレベルが低かったことが原因です。(返り討ち)

 

スキルや知識、技術を持たずに楽してお金が稼げれば良いのですが、そんなに甘い世の中でも無いってことですね。私もレベルアップするべく日々勉強だと思います。

コメント