とある株式関係サイトのモニターをしてほしいと依頼される

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とある株式関係サイトのモニターをしてほしいと公認会計士の先生から依頼されました。

怪しいことはなくて、ちゃんとした会社のガチのモニターです。

誰でもいいというわけではなく、選ばれた人だけなのですが、どういった基準で選ばれているのかはわかりません。

情報処理2種(古ぅ)、応用情報技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験は持っているので、一応、ITもちょっとだけやっており、そういった点なのかな?

サイトに関しての詳細についてはここで書くことはできないのですが、
サイトにしろ、システムにしろ、使う側の立場になって作らなければなりません。

まず、感じたのは、フォントが小さい。
私はその会社のことは詳しく知らないのですが、おそらく若い人達が多いのでしょう。
フォントが小さいという全体から見たら小さいこと1つをとっても、システムの使い勝手としてはあかんのですよ。

実際、株式投資をしている方は、多くは、年配の方なので、お金を多く持っているのも年配の人が多いのです。
自分たちの作りたいシステムを作ることも大事なのかもしれませんが、使う側にどういったニーズがあるのか収集し、反映させる必要があるのです。
そういった意味でモニターがあるのかもしれませんが、こういったことに作る前から気が付かないといったところから経験不足でうーんって感じます。

マイトレードという良いアプリ(サイト、サービス)があったのですが、終了してしまいました。ユーザー数も数万人もあり、私も残念でした。
良いシステムでもこういったことになります。

モニターになったので、これからご意見を色々行ってきたいと思います。

コメント