私のファンダメンタルズとテクニカルの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資のスタイルをざっくり分けるとファンダメンタルズ派とテクニカル派と言うことになろうかと思います。

これは、長期投資と短期投資ともスタイルともリンクしてくるかもしれません。

 

つまり、「長期投資≒ファンダメンタルズ」で、「短期投資≒テクニカル」ということかもしれません。

私のスタイルは、企業を選ぶときはファンダメンタルズで、買うタイミングは、テクニカルかもしれません。

会社を選ぶときには、基本、業績がよく割安だなと思うものを買いたいので、ファンダメンタルズ分析をするのですが、下落基調になっている銘柄は、やっぱりまだまだ下がるかなぁと思って様子見です。

いわゆるWボトムとなった時に、買い出動することもあるのですが、これも100%ではなく、しばらくして、Wの下値を切ってしまうことがあります。つまり、損になっている状況です。

しかし、すでに割安と判断していることから、Wボトムを切っても、損切りすることはほぼしないです。

まず、集中投資をしていないので、買った銘柄が下落してもそれほどポートフォリオに影響がないことや更に安くなったら買ってやるくらいな感じで思っているので、まあ、しゃーないと思って様子見です。

まあ、億り人のようにドーンとは行きませんが、のんびり来たいと思います。

 

そうそう、リスクモンスターの株主優待が来ましたー
今回は、図書カードを頼んだので、本でも買いたいと思います。

 

ではでは。

コメント