2020年4月、これからの見通し

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事が急に忙しくなり、投資どころではない感じです。
というのも、コロナの影響で
「リアルセミナー」は「オンラインセミナー」へ
「会議」は「Web会議」へ
「会社への出勤」は「在宅勤務」へ
とネットを使うことが多くなり、
私は元々ネットワークのエンジニアなので、会社での対応に追われておりました。

これからの見通し

日本も海外も、私のイメージは、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいると行った感じで、
ブレーキは、新型コロナ対策による経済への影響
アクセルは、金融緩和、財政出動などです。

コロナ対策に関しては、緩めれば感染が拡大するといった感じになると思っていて、
患者数が減少傾向になったといって、自粛を解除すれば、またどこかでクラスターが起こって大騒ぎといったことになることが目に見えています。

よって、緊急事態宣言が解除されても、全体的には自粛ムードがなかなか緩和されず、長引くのではないかと思っています。

そう思うと、接客をするお仕事はなかなか厳しいと思うので、そういった銘柄はチャンスかも知れませんが、慎重にならざる負えないのかなと思っています。

 

私も仕事をしていて思うのは、今回の一件で、長引けば長引くほど、仕事のやり方や考え方が大きく変わってくると思っています。例えば、「お客様には会うことが重要だ!」なんて経営者や執行役員などは思っていたのですが、全部が全部、お客様に会わなくても済むんじゃないか?と思い始めているのです。

 

そして、セミナーなんかも、これからお客様から、遠いからオンラインセミナーにしてもらえないかとか、都合が合わないから動画で見られないかとか、そういった要望が増えてくるはずです。
うちの場合は、もう、Zoomにて始めてしまっているから、
もうやりませんとはなかなか言えないのですよね。おそらく。

 

ですから、日本の企業も二極化が進みと見ていて、オンラインやデリバリーなど、今の状況に合わせられた会社は生き残るし、合わせられない会社は沈んでいくということです。

 

ダーウィンが言った言葉が思い出されます。

 

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。』

 

では。

コメント