胃腸炎になって動けない時に思ったこと

スポンサーリンク
つぶやき
スポンサーリンク

症状としては、ノロウイルスに感染したような症状となり、
七転八倒しておりました。

 

ほんと辛かった・・・

 

というか、今もまだおかしいけど、峠は越したようです。

 

お仕事は出来ず、ベットで寝て(七転八倒して)おりました。
仕事がこなせない歯がゆさはあったものの、
横になっていると楽でした。

 

楽なのはいいけど、苦しくて苦しくて・・・で、自分が働けなくなったら、収入が無くなっちゃうんだよね。なんて、悲観的なことを思っていたわけです。

 

苦しんでいる中、やっぱり、株式市場も気になっていました。

 

自分が苦しんでいようがいまいが、経済は動いているんだよな。

 

で、思ったのは、自分が働いていないけど、保有している「株」(会社)の向こう側で誰かが働いている・・・

 

そう、株って、他人が働くことで自分が利益を得るというも言えるんですよね。

 

つまり、配当で言えば、配当がもらえるということは、その会社の社員が働いて、利益が出て、その利益を株主がもらうってことですもんね。

 

改めて、株式って良い仕組みだと思った。

 

働かなくてもキャシュが入ってくる仕組みって、貯金や保険に入るよりリスクを回避できるのではないかな。

 

特に貯金はキャッシュを生み出さないから。

 

早くそんな仕組みを作りたい。

 

しかし、早く治ってくれ・・・ううう

 

コメント