投資に使うお金を利回りとして考えてみると

スポンサーリンク

1ヶ月1万円を投資に割り当ててます。

1ヶ月1万円は12ヶ月で12万円です。
この12万円を自分からの配当と考えます。

高配当銘柄はおよそ3%くらいありますので、400万円の資産から3%の利回りで12万円を配当を得たと考えられます。

つまり、月々1万円を積み立てるというのは、すでに400万円の資産を持っているのと同じ効果があるということです。

また、月々5万円だと年間60万円なので、2000万円の資産を持っているのと同じです。

月々の節約がとても重要な事がわかりますね。

ちなみに300万円の給与を配当と考えると、元の資産は1億円です。

つまり、自分は1億円の価値ということになります。

人の価値はお金では換算できませんので、あくまでも仮の話です。

資産形成の1つの目安が1億円以上なのでしょうね。

1億円の資産を作り上げるということはちょっと難しそうですので、働くしかないのですが、しかし、働けなくなると、たいへんなことになります。

でも、サラリーマン(労働者)である以上は仕事をやめるときがいつかきます。

退職金もほぼありませんので、働けるうちに、別の方法で、少しでも収入を得られるようにしておくことが必要なんだろうと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク