小売お宝株だけで1億円儲ける法(利益が2倍なら株価4倍の法則で騰がる!)

スポンサーリンク

小売お宝株だけで1億円設ける法(利益が2倍なら株価4倍の法則で騰がる!)
日本実業出版社 坂本彰著
2016年12月10日初版

を読んでみての感想等です。

この著者のメルマガも見てはいますが、会員を集める宣伝が多いので、私の信用度は低いですが、本で言っていることはそんなに的外れでもないかなと思いました。

ただし、アベノミックスで調子が良かったこともあるので、今後もこのパフォーマンスを叩き出せるかはわかりません。
どういった銘柄に注目すれば良いのかというところは参考にさせてもらいたいです。

小売業は、かなり長期的に見れば、日本の人口は減っていきますので、国内のみで戦っているでは厳しいと思われます。よって、小売業が成長していくには、最終的には海外に進出するなどしていかないとは思いますが、本にかかれているように、地方で頑張っている小型株の小売に注目するのは良いかもしれません。

また、はやりPERは低いほうが良いことですが、ただ、ディフェンシブ系の銘柄で10倍以内となると、現在はなかなか無いような気もします。

店舗がある小売の場合、出店数である程度業績の予想がしやすいので、わかりやすいかもしれませんね。

小売業で、個人的にウォッチしているのが、
綿半ホールディングス
ゲンキー
ダイユー・リックホールディングス
ですが、地方で業績堅調な銘柄はいろいろあるようです。

保有している銘柄で頑張ってもらいたいのがファンデリーなんだけど、ちょっとPERが高めなので、鳴かず飛ばずでしょうね。

化粧品関係では、いいところがみんな高くて、ハーバー研究所が現在PER11倍なので、どうかな?

警備関係だと、セコムや綜合警備保障とかがいいかなと思うんだけど、PER22倍ともう一声なので、トスネット(現在PER7.61倍)かな?

飲食関係で言えば、大きい会社になってしまうけど、トリドールとかかな?でも、PERが高めか?

結局よくわからんw
投資については私はへっぽこなので、まあ、注目している銘柄はあてにはならないですが、
本の中で紹介されている銘柄は何倍にもなっていて羨ましい限りです。

本には袋とじがあるのですが、小売業以外もあってどうかな?と思うところもありましたが、私が注目している銘柄や保有している銘柄があったので、期待したいところです。
本の発売から9ヶ月くらい経っていますので、チャートを見てみたら、上がっているものもあれば、そうでもないものもありました。
長期スタンスということもあり、業績が伸びている銘柄ばかりなので、株価の動きをウォッチしてみます。

てか、本の題名の1億っていくらから1億なんでしょうかね?

「小売お宝株」だけで1億円儲ける法

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク