宝くじに当たると破産してしまう人が多いのか?

スポンサーリンク

宝くじに当たると浪費して破産してしまったりする人が多いと聞きます。

実際、本当の多いのかはわかりませんが、ちょっと考えてみたいと思います。

例えば、貯金や資産がない状態で、1億円が当たったとします。

日本の平均年収は約400万円ですから、仮に年400万円を使ったとすると、25年で底をつきます。

となると、会社を辞めて、当たった1億円だけで生活しようとすると、贅沢をしないでも、25年後にはお金が無くなり、厳しいことになりそうです。
ちょっとでも贅沢するとさらに早くなくなり、厳しいことになります。

つまり、この場合、1億円が底を尽きる前に年金がもらえるまでいかないと大変です。

若い時に1億円当たって、会社を辞めるという手段に出てしまうと、年金にも程遠いので、お金が尽きたらまた就職ということになりますが、就職と言っても歳も行ってしまうし、ブランクも出来てしまい、就職もままならないと思うので、厳しいことになります。
そして、破綻ということになります。

つまり、生活していくには、キャッシュが入り続けることが重要ということになります。

1億円当たっても、資産の増やし方やキャッシュを生み出すしていかないと、破綻する可能性が高いということです。

1億円当たっても、会社員のまま給与をもらうか、株を買うとか、資産運用するとか、ビジネスをするとか、何らかの手段でキャッシュを生み出さないとダメっぽいですね。

1億円当たっても、考え無しで行動すると、破綻する可能性が高いので、ちゃんと考えてから行動したほうが良さそうです。ただ、自分は買っていないので大丈夫そうですが。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク