東京でサイフを無くした結果

スポンサーリンク

先日、東京の飯田橋の商業ビルにてお財布を無くしました(泣)

お財布を無くしてから1時間ほど経過していました。

お友達と慌てて無くしたところへ戻りましたが無く、がっくし。

そのお友達と分かれて少し探すことに。

そして、しばらくしたら、お友達から見つかったと連絡が!?

お友達がビルの警備(管理会社)へ行ってくれたようで、どうやら、ビルの警備の方に届けられていたようです。

友達から聞いたところ、清掃会社の人がお財布を発見してくれて、届けてくれたようです。
嬉しさのあまりうっかりしていたのですが、お礼をすこしばかりすればよかったと後悔しました。心の中で、幸せがありますようにお祈りしました。

ということで、無事、お財布が戻ってきました(^^ゞ

まさか、東京でお財布戻ってくるとは・・・

よく命の次に大事なのはお金と言いますが、端的に言うとそういうことなんでしょうが、私は、命の次に大事ものに倫理観を入れたいと最近思い始めています。

他にも愛とか絆とかいい出すとキリがないので、それらも含めて倫理観としちゃいます。

命の次に大事なのがお金だとしたら、騙してもいいから、お金を集めても良いことになりますし、落ちているお金を発見したら自分のものとなります。

自分の命が危ないとなったら、まずは生きなければならないので、倫理観を破らなければならないこともあるかもしれませんが、単にお金がないと言って、倫理観を破ることは出来ないと思います。

ただ、人によって、倫理観が違いますので、とんでもない倫理観を持っている人がいるかもしれませんが、一つの目安として、お金より大なりでなければ、行けないと思います。

失礼ないい方になってしまい申し訳ないのですが、清掃会社の人ですから、おそらく時給は高いわけではなく、贅沢な暮らしをしているとは思えません。
自分のものにしようと思ったら出来たはずです。
しかし、そうはせず、その高潔な行動は、素晴らしく、心は豊かだと思いました。

そして、倫理観とは、働いている職業は関係ないということです。
どんなに立派な職業でも倫理観がなければ、ダメ人間ということです。

今回の件は、高い倫理観がなければ、到底できなかったことだと思います。
とても感謝しています。
ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク