礼に始まり礼に終わる

スポンサーリンク

挨拶をしないで会社に入っている人がいたので注意しました.

私は,人として出来ているかと言われれば,出来ている人ではないので,他人にとやかく言う立場ではありませんが,その方は,自分ができていないことを差し置いて,いつも他人を注意してきたので,敢えて,私も注意することにしました。(-_-メ)

この人は、国立大出身で頭は非常に良く、正論をよく言って人を注意します。
そして、人には嫌われています。

つまり、人として基本ができていない上で、正論を言うので、嫌われるのです。

なので、さらに、勤務時間中の喫煙、タバコの匂いをさせながら席に着く、時間ギリギリに来る、遅れてきても理由を言わないなど、さらに注意しました。
(周りからはその勇気と言ってくれたことを賞賛されました)

日本の文化は礼に始まり礼に終わると言っても過言ではありません.
家を出る時,家に帰ってくる際にも誰か入れば,挨拶をします.
剣道、弓道、柔道、華道など○道もすべて同じです.

挨拶はコミュケーションの始まりであり,人と人とのつながりの最初です.
つまり,相手を重んじているからだと思います.

仕事の間違えとかミスしたとか,そんなことよりも,挨拶をするしないのほうが重要だと思っています.
基本が出来ていなければ,何をやってもダメだと思うのです.
それは,家の基礎と同じです.

例えば、某大手銀行に先日行ってきましたが、フロアーに入る時出る時の挨拶がどの人もしっかり出来ていて、教育がしっかりしているなと思いました。

社員が挨拶が出来ていないような会社に投資するのは避けたいです。

あいさつはしっかりしたいですね.

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク