「貧乏暇なし」というより「暇がないから貧乏」

スポンサーリンク

最近忙しくて、ゆっくりと投資に向き合う時間が少ないです。
ただ、時間を取らない言い訳のような気もしますが。

物事には、「緊急度」と「重要度」があります。

日々の仕事は、緊急度も高く、重要度も高いということになりますが、投資は、重要度は高いが緊急度は低いということになり、後回しになってしまいます。

重要度が高く、緊急度が低いものをしなければならないのですが、緊急度も高く、重要度も高いものに引きづられます。

本を読んだり、四季報を読んだりと、重要度が高く、緊急度が低いものにお金持ちになる部分があるのでしょう。

逆に緊急度も高く、重要度も高いものに振り回されているから、貧乏なのかなとも思います。

時間を作り出し、重要度が高く、優先度が低いものをやっていきたいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク