いっときの感情で利益を失うバカにだけはなるな

スポンサーリンク

「ドラゴン桜」 第8回目のセリフから。

東大模試を受けましたが、E判定間違い無しという状況になり、やっても無駄だったと生徒が怒り、教室から出ていってしまいました。

生徒の緒方を桜木が見つけて、会話するシーンです。


桜木「世の中で成功するのに1番邪魔なものはなんだか分かるか?」

緒方「なんだよいきなり!?」

・・・桜木と緒方が運命共同体だと説明します・・・

桜木「だがよ、思い通りにことが運ばないのが世の中だ。」
桜木「必ずあるものが成功の邪魔をする。なんだか分かるか?」

緒方「んなこと知るかよ!」

桜木「人間の感情だ!
桜木「つまらない意地や妬み、ヒガミ、思い込みが すべてを駄目にしちまう。」
「そいういう感情を飲み込みんで、目の前にある利益をとれるかとれないか、
それが、勝負の分かれ目だ。」

緒方「取ると取らないとか、勝負勝負とか、なんなんだよ!? そんなに勝つことが大事かよ!?」

桜木「勝つことしか道は開かれねえんだよ!」

桜木「いくらバカにされようがな、世の中から無視されようが、結果が出せばすべて見返せるんだよ!」

桜木「いっときの感情で利益を失うバカにだけはなるな!!


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク