株価ではなく1株価値に注目する

スポンサーリンク
投資雑談
スポンサーリンク

株価がだいぶ下落しましたので、改めて、株価ではなく1株価値に注目したいと思います。

 

株価が下がると動揺しますが、1株価値がどうなるかに注目することにより、少しでも動揺しないようにしたいです。

 

というのも、ファンデリーが本日-4.84%下落ー(T_T)。(株価は1100円です。)
急騰していて、株価水準もいいところかなと思っていたので、
ど、動揺してません・・・??(゚Д゚≡゚Д゚)?? (動揺しとるやんけ)

 

さて、1株価値の算出が難しいところなのですが、
ここでは簡単に、1株価値=1株利益とし、
適正株価を1株利益×20倍(PER20)とします。

 

2016年3月期は1株利益は50円でした。
2017年3月期の会社予想は53.63円ですが、10%増の55円と予想します。
2018年3月期のさらに10%増の60.5円と予想します。

 

すると、

 

2016年3月期は50円×20倍で株価は1,000円
2017年3月期は1,100円となり、現在の株価の1,100円はほぼ適正株価となります。

 

2018年3月期は60.5円になれば、×20倍で1,210円が適正株価となります。

 

10%増ずつ1株利益が伸びていけば、2023年には107円になり、適正株価は2143円~(゚д゚)!

 

業績が順調に行けば、1100円は安いかも?

 

つまり、会社の業績が重要ということですね。

 

現在の適正株価を正しく算出することはなかなか難しいことで、計算はあくまでも簡易的なものです。ここでは、あくまでも、株価ではなく、価値を見ようという趣旨で、今のファンデリーの株価が適正とか割安とか言っているのではないので、ご承知おきください。

 

ちなみに、投資の賢人たちは、現在の適正株価よりはだいぶ安いところで買うことを推奨しています。(バリュー投資)

 

為替が下値を探る動きで、株価が下落するかもしれませんが、業績の進捗が順調なのか確認していきたいですね。

 

コメント